信頼できるところはここ!家庭教師ランキング6

トップ > 家庭教師の情報 > 家庭教師に勉強のやり方を教えてもらう

家庭教師に勉強のやり方を教えてもらう

 勉強をすることで、新しい知識が身についたり、その知識を利用して新たな考えや問題に対応したりすることができます。小学生の低学年ぐらいだと、それほど高度な知識は出てきませんし量も多くありません。しかし、少しずつ基礎が出てきてくればそれを元に学ぶ内容もどんどん増えてきます。小学校の中学年、高学年になってくると少しずつ勉強についていけない子が出てきます。ではその子たちは勉強がしたくなくて遅れるのかです。いろいろな事情があるでしょうが、勉強の仕方が分からないためについていけない可能性があります。他の子供は自然に身につけたり、先生の言われることをすることで身につくようですが、勉強のやり方が分からない子はいつの間にか勉強から遅れ、そのまま自分でもやる気を失う場合があります。

 そこで、家庭教師を利用して勉強のやり方を教えてもらうことを検討しましょう。勉強に対してやる気が失われると、授業などもきちんと聞けなくなります。宿題などを出されてもやらなかったりそもそもできなかったりします。これはわかる楽しさが分かっていないところに原因があるかもしれません。どこでつまずいたのかを少しずつ振り返り、そこから再度勉強をするように指導してもらいます。塾などでは個別には対応してくれるところはないので、家庭教師に依頼をした方がいいでしょう。この時に来てもらう先生としては、必ずしも学力が高かったり優秀な学校の卒業生、入学した人である必要はありません。子供と同じ目線になって勉強を楽しくなるようにしてくれる人になります。時にはゲームなどを交えながら、楽しめる工夫をしてくれます。

 せっかく教えてもらうのであれば、自分からどんどん勉強がしていけるようになるようにしてもらいましょう。自分から勉強ができると、本を読むようになります。本には新しい知識がいろいろ載っていますが、新しい知識を得ることが楽しくなってくるからでしょう。あまり勉強になれていない子は、机に向かってじっと座ることができない場合があります。まずは、一定時間何かに集中して座り続けることができるようにしてくれる先生がいいでしょう。その子が好きな分野のことをやらせると、好きなことなので座り続けられます。そしてそれに関連する勉強から少しずつ入っていき、いつの間にか学校の勉強も自然にできるようにしてくれます。座って本を読んだり問題を解けるようになれば、後はどんどん自分で勉強できるようになります。

次の記事へ

MENU