信頼できるところはここ!家庭教師ランキング6

トップ > 家庭教師の情報 > 家庭教師の活用をどのようにするべきか

家庭教師の活用をどのようにするべきか

 家庭教師は、各家庭に赴いて、子どもに教育を施してもらうサービスです。昔は、学生のアルバイトが主でした。しかし、今はネットワークがあったり、派遣会社があったり、広告も大々的にしています。教師も学生ばかりではなく、専門の社員だったり、専属の講師だったりしています。塾や学校はあくまで、一斉授業方式です。これに対し、個別指導の塾や家庭教師は、子ども個人と向き合い、学習指導だけではなく人間性を高めることまで可能な環境にあります。学力は、学習だけでは育成できるものではありません。学習に臨む姿勢や意欲、学習方法といったスキルまで幅広く鍛えることで実を結ぶものです。学び方を学ぶことが、学力向上の糸口です。単に、公式や意味のない繰り返し練習だけでは、本物の実力がつくはずはありません。

 また、家庭教師は、親との連携の取りやすさも大きな強みです。常に親の目の範囲で学習が行われるという、安心安全の中にいることがメリットです。子どもにとって、安心な環境、親が評価する環境で学ぶことは、まず基本的なことです。教師にしてみても、保護者に子どもの学習する姿、自分が教えている内容や姿勢を見ていただくことは、大きな学習環境のメリットとなります。そして、即時的な評価もしてもらえます。生活丸ごとその家庭に溶け込んでいくことも可能です。その方が、完全に親の要望や子どもの性格・特質がはっきりして教えやすい場合もあります。ある意味親しくなりすぎ、近づきすぎも問題ではありますが、理解されないよりは連携できる環境が整うことはいいことです。親の教育もできるチャンスが生まれます。

 家庭教師がうまくいくかどうかは、ひとえに教師の力量にかかっています。子どもの知的な好奇心を揺さぶり、意欲を高め、もっと学びたいと考える心を育て、学び方も教えると、子どもは勝手に成長していきます。分からないところを安易に、答え丸出しで教え込んでいくことは、その後の子どもの実力アップにはつながりません。いかに教師が、日陰的な存在、支える側に回って、子どもの自主性を伸ばすかというところがポイントとなります。教師は、学習の支援係です。考え方やヒントは出しても、最後に答えを掴み取るのは子どもたちです。自学自習の精神やスキルを身に付けさせ、学び方を学ぶことによって、真の成長が遂げられます。派遣の会社では、オリジナルのテキストや指導の研修などを整え、それなりのレベルの人たちを用意していると考えます。プラス人間性はどうか、子どもに対する愛情はどうかというところを見ていかなくてはなりません。

次の記事へ

MENU