信頼できるところはここ!家庭教師ランキング6

トップ > 家庭教師の情報 > 難関校への合格のために家庭教師を利用

難関校への合格のために家庭教師を利用

 小学校や中学校は公立なら受験することなく進学できます。しかし高校は受験が必要になります。高校の定員はそれなりにあるため、希望者はほぼ高校進学ができます。ただ、どの高校に行けるかはそれぞれの学力によって変わります。難関といわれる高校は、それなりに能力の高い人が受験をするので、簡単に合格することはできません。高校の場合、難易度の高い学校と低い高校では授業のスピードが大きく異なります。又授業の内容も異なります。最終的には同じ高校卒業の資格が得られますが、卒業をした時点の能力が大きく変わります。将来的により難易度の高い大学を目指そうとするなら、できるだけ難易度の高い高校に行っている方が入りやすいと言えるでしょう。高校にしても大学にしても難易度の高い学校はより勉強が必要になります。

 もし難関校への合格を目指すのであれば、家庭教師を利用すると良いかもしれません。普通に勉強をしているだけだと、定期テストなどでは点数が取れるかもしれませんが、大学入試に合格できるレベルになれるかどうかはわかりません。大学入試で出題される範囲は非常に広く、応用力なども必要になります。ですからそれに対応する学力が必要になります。学校によっては大学進学をサポートしてくれるコースがありそちらで学ぶ人もいます。塾や予備校などの受験コースを利用することもあるでしょう。学校だと個別の対応が難しいので、わからないところでストップしてしまう可能性があります。また、わかっているからと言ってどんどん先に進んでくれません。自分のペースで勉強したいときに、学校の仕組みはあまりよいとは言えません。

 家庭教師であれば、生徒の能力に合わせて勉強を見てもらえます。わかりにくいところはより丁寧に教えてもらえ、どんどんわかるところはそれほど時間をかけないなどの調整をしてもらえます。難関校の場合、傾向と対策が必要になることがあるので、実際にそれらの学校の受験をして合格をしている人に来てもらうと良いかもしれません。毎年のように一定の変化はありますが、数年前ぐらいであれば大きく変化していない可能性があります。この学校ではこの分野が良く出るとか、どんな答え方をした方がいいなどのアドバイスをしてもらえます。実際に行っていた人から学ぶと、その学校の話を聞けます。授業の内容や先生にどんな人がいるかなどです。学校見学に行くのもいいですが、実際に行っていた人からの生の話が聞けるのもメリットと言えます。

次の記事へ

MENU